読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIと今後

 

よくインターネットで勉強しているんですが

 

広告にとにかく増えたなと思う言葉として

 

「AI(Artificial Intelligence 人口知能)」

 

があります。

 

AIが代行する仕事はどんどん増えてくるでしょうし

 

レジやガソスタ、掃除係、警備係などはもちろん

 

プログラミングと機械技術さえレベルが高まれば

 

お料理も授業もAIが代行できてしまうんですよね

 

僕の仕事は最早AIにとって代わられる仕事なんです

 

バスなどは自動運転化が進むでしょうし、

 

電車も自動運転になっているものがいくつかありますね。

 

 

どの仕事が人の手によるものとして「残り」「生まれるか」

 

ここが今とこれからを生きていく上で重要視したいポイントになります。

 

 

最近こんなものが発売されました。

 

 

 

iliが翻訳して代弁してくれる英語のレベルはなかなかに高いです。

 

そしてこのデバイスはこれからどんどん進化していくでしょう。

 

これ以外にも様々な翻訳機があります。

 

学校の先生も保護者の人も大変な時代に生きていますね。

 

このような優れた代物があるのに「英語を小学校から教えていく」

 

1つの逆行が社会に存在しているのです。

 

 

僕は自分の生徒さんにこのデバイスの存在を包み隠さずお伝えしました

 

これがあるなら英語の勉強しなくてよくない?とさえ思います。

 

もちろんこのデバイスにはできなくて人間にしかできない「英語力の側面」多々あります。

 

 

面白いのは、社会がこういう「最新の何か」に対応するスピードが遅いので

 

だから英語教育関連のビジネスや事業がいまだに展開可能であり、かつ今後もしばらくはニーズがあり続けることです

 

 

 

僕はこれからどんな仕事をしようかな~