読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めっちゃ久々に

お知らせ!

 今マシンに入ってる豆がなくなってから開ける豆は思い入れがあります。

 

Brooklyn Roasting Company (BRC) の豆を仕入れました。

 

ついになんばでのお店で焙煎を始められたとのこと。

 

 New Yorkから社長が来て焙煎に携わり、師事されたらしい。

 

BRCは社長が二人います。

 

 

このビデオの社長さんがよく日本に来てはります。

 

こっちはもう一人の社長さんがスマトラに行った時のビデオ

 

 

コーヒー原産地の様子が少しわかりますな。

 

字幕ONにしたら英語で自動生成版なのでたまに間違ってますけど、OFFよりはわかりやすいです。

 

 

 

フェアトレイドにおいて生産地のトレイサビリティを明らかにし、農家さんの収入を確立し、ニューヨークでハイエンドな一杯を作り続けるのが彼らのミッションです。

 

世界規模やね。すごい。

 

仕入れたのは、うちで一番最初に使った豆の一つ、

 

iris_espresso2

 f:id:TheBrewHouse:20161225075936j:image

 

ここの豆は高いです。ほかのお店に比べて2倍から3倍します。

 

でも本当においしいですし、豆に関わる生産地の人たちの労働を絶対に思い出しながら飲んでいただきたいのです。

 

あと、海外のコーヒーを手に入れようとするとどうしても輸送費がネックになるんすよね。

 

だからめちゃくちゃ高いです。

 

そういう意味では、New YorkのBrooklynで2000人~3000人のお客さんが訪れるモンスタービジネスを営むお店の豆が大阪で手に入るということがめちゃくちゃありがたいです。

 

「コーヒー」を「コーヒー」とまるく認識するよりも

 

「色々なコーヒーがあるのだ」ということを楽しんでみませんか?

 

「普通のコーヒー」がお好きでもいいです、でも「普通のコーヒー」の味は機械や添加物で簡単に作り出せます。

 

色々なコーヒーのもつポテンシャルを最大限に引き出せるように、バリスタとして楽しみます。

 

まぁ、いっぺん飲んでみてください!!