読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄とオーストラリアの三線音

 

京都からの友人たちやお世話になってた居酒屋のマスターご夫妻が来ていただきました

 

常連さんがご友人のオーストラリア人ご夫妻を引き連れて三線の演奏会を開催

 

沖縄の雰囲気が出ててなんかいい感じでしたー

 

 

コーヒーにお詳しい方も来ていただき、熱い話をさせてもらえましたー

 

久しぶりにお会いできた方もおられて、いい一日でした

 

 

 

 

 

 

本日は

12時から

 

https://www.facebook.com/events/1008198069313991/?ti=icl

 

こちらのイベントですー

さっちゃん

 

こーんなやったのが

f:id:TheBrewHouse:20170407191929j:image

 

こうなって 

f:id:TheBrewHouse:20170407191952j:image 

 

 

いまや大きくなったもんだ。

 

お兄ちゃんは

 

さびちい!

 

f:id:TheBrewHouse:20170407191845j:image

 

f:id:TheBrewHouse:20170407191851j:image

 

明日は

諸事情により14時にて閉店致します。よろしくお願い致します!

英語で料理を覚える

昨日は生徒さんに1対1でトマトパスタの作り方を伝授しました。

 

全て英語で指示を出します。

 

このレッスンの良いところはオーラルなコミュニケーションだけでなく、

 

実際にモノを動かしたり、視覚や味覚、嗅覚などに関連した英語を体験的に学べるところにあります

 

Put the pan back on the heat and turn up the gas!

 

っていうのも文法を説明せずにモーションで教えられて超いい感じ

 

f:id:TheBrewHouse:20170407165210j:image

f:id:TheBrewHouse:20170407165219j:image

 

f:id:TheBrewHouse:20170407165154j:imagef:id:TheBrewHouse:20170407165156j:image

 

肝心の味は「お金いただけるレベル」でした

 

 

おつかれさん!!

 

デトックスご飯を語る会 "ラスト"

デトックスご飯を語るランチ会

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

ラストです。

 

たくさんの人に学んでいただき、勉強していただきました。

 

僕がお話を聴いた印象を簡単にまとめると

 

 

「え、それ食べていいの?」

デトックスは簡単やね」

「え、健康にいいはずのあの食材あかんの?」

 

 

です!

 

聴いて特になる話ばかりです。ご予約お待ちしております。

 

 

 

リンクはこちらから~。

 

デトックスご飯を語るランチ会

 

ご連絡はこちらまで~。

 

thebrewhouse.himeji@gmail.com

 

 

 

AIと今後

 

よくインターネットで勉強しているんですが

 

広告にとにかく増えたなと思う言葉として

 

「AI(Artificial Intelligence 人口知能)」

 

があります。

 

AIが代行する仕事はどんどん増えてくるでしょうし

 

レジやガソスタ、掃除係、警備係などはもちろん

 

プログラミングと機械技術さえレベルが高まれば

 

お料理も授業もAIが代行できてしまうんですよね

 

僕の仕事は最早AIにとって代わられる仕事なんです

 

バスなどは自動運転化が進むでしょうし、

 

電車も自動運転になっているものがいくつかありますね。

 

 

どの仕事が人の手によるものとして「残り」「生まれるか」

 

ここが今とこれからを生きていく上で重要視したいポイントになります。

 

 

最近こんなものが発売されました。

 

 

 

iliが翻訳して代弁してくれる英語のレベルはなかなかに高いです。

 

そしてこのデバイスはこれからどんどん進化していくでしょう。

 

これ以外にも様々な翻訳機があります。

 

学校の先生も保護者の人も大変な時代に生きていますね。

 

このような優れた代物があるのに「英語を小学校から教えていく」

 

1つの逆行が社会に存在しているのです。

 

 

僕は自分の生徒さんにこのデバイスの存在を包み隠さずお伝えしました

 

これがあるなら英語の勉強しなくてよくない?とさえ思います。

 

もちろんこのデバイスにはできなくて人間にしかできない「英語力の側面」多々あります。

 

 

面白いのは、社会がこういう「最新の何か」に対応するスピードが遅いので

 

だから英語教育関連のビジネスや事業がいまだに展開可能であり、かつ今後もしばらくはニーズがあり続けることです

 

 

 

僕はこれからどんな仕事をしようかな~